夏も終わりですが種を蒔きました

季節感などありません。
我が家のベランダ菜園は年中無休なのです!

今回は「こまつな」と「サラダみずな」を植えてみました。
タネの袋を見ると、こまつなの蒔きどきは3月上旬〜11月下旬(西日本)、みずなの蒔きどきは7月上旬から11月下旬(西日本)となってるので、あながち間違いじゃなさそうです。

うちの菜園は基本的に水耕栽培です。なぜなら、楽だから!!
プランターの方が楽という意見もあります。しかし!水耕栽培は準備に少々手間がかかりますが、その後の世話や後片付けが肥料水をあげるだけ!っていうシンプルなお世話でよいので、気に入っています。
あと、自動水やり装置を自作することにはまってしまいました。いかに楽に、確実に水やりができるかを研究するのが楽しいのです!!

そんなわけで、水耕栽培といえばおなじみのお茶パック+バーミキュライトです。

【お茶パック】

【ひっくり返します】

【お茶パックにバージキュライトを詰めます】

【種を入れて水につけます】

お茶パックはマチ付きを選びましょう。でないと、ひっくり返した時に、自立しません。
タネは一パック2、3コ植えて、芽が出た後に間引きします。タネは発芽率ってのがあって、全部のタネに芽がでるわけでは無いので多めに植えておいて、たくさん芽が出たら元気なのを残して他を抜いていきます。
水を入れたトレーに種を植えた日を入れておくと、どのくらいで育ったかわかって便利です。どの種を植えたかも書いておかないと、混ざってわからなくなることもありますよ。

種を植えたので、あとは発芽を待つのみ!楽しみですね!!